就職活動
20代 仕事探し 正社員就職する方法 > フリーター就活 > フリーター 中途採用 成功率を上げる就活方法

フリーター 中途採用 成功率を上げる


フリーターから正社員就職、中途採用の成功率を上げるには

フリーターから正社員就職を成功させるためには、幾つかのポイントが見えてきます。

例えば、

・すぐに就職活動を始める行動力

・自己分析をしっかりと行う(なぜフリーターをしていたか、説明できるようにするなど)

・素直さ

・簡単に就職活動が成功しないと覚悟しておく事

・自分にあった就職活動の方法を採る(就職支援サービスなど)

などが挙げられます。

もっと細かく挙げる事も出来ますが、今回はピックアップして上記を挙げています。

「素直さ」は中途採用にあたって、重視される部分です。

職歴無し、社会経験無しであってもフリーターのあなたを採用しようと考えてくれる企業は、多くが「素直で熱心に仕事をしてくれる事」を期待しています。

また他にも重要といえるのは、

簡単に就職活動が成功しないと覚悟しておく事

です。

こうした覚悟を持っている事で、就職活動の準備もしっかりと時間を充てて対策をするようになります。

簡単に成功しないと思っているのですから、ちゃんと準備したくなるのが人の心です。

逆に、本気を出せばすぐに就職先は決まるさ、と思っている方の場合は準備をしっかりとしませんし、最後の最後まで就職先が決まらなかったりする事も多いようです・・・

素直さと関連してきますが、こうした姿勢で就職活動に臨む方は、人からのアドバイスを素直に聞けず、流してしまう傾向も強いと言います。

就職支援サービスを利用して、就職アドバイザーからアドバイスをもらっても聞き流してしまって内定に結びつかないのだそうです。

フリーターから正社員になるために重要なのは「素直さ」という人事担当者もいるくらいです。

正社員就職の成功率高めて、自分に合った会社を見つけるためには、こうしたポイントにも注意して就職活動を進めてみて頂ければと思います。

就職活動「29歳」「34歳」年齢の壁

面接対策
フリーターから正社員就職を目指されている方の年齢にもよりますが、もし今20代であれば、まだまだ内定を得るチャンスは多いと言えます。

フリーターから正社員になるためのオススメ就職サイトについては、

20代フリーター、第二新卒、既卒、ニート向け就職サイト

でもご紹介をしていますが、たくさん活用出来る就職サイトがあります。

ご紹介した他にもまだまだあるんです。

そして、こうしたフリーター就職サイト、就職支援サービスは基本的に20代限定となっています。

40代よりは30代。
30代よりは20代。
20代でも29歳よりは22歳など、若い方が圧倒的に求人数が多いのが現状です。

就職活動の壁として、「29歳の壁」ということがよく言われるのですが、これは実際に30歳になると応募可能は正社員求人が一気に減ることも意味します。

次は同様に「34歳の壁」ですね。

「29歳までの方」「34歳までの方」といった表記のある求人情報が思いのほか、多いのです。

28歳、29歳のフリーターの方は、正社員になろうと思ってからはあまり回り道している時間は無い、といえるでしょう。

そのため正社員になりたいと考えた時は、「思い立った日から就活をスタート」した方が良い、と言われるのですね。

その日からではなくても、就職活動のスタートは1日でも早い方が良いです。

その分だけ、自己分析や未経験OK正社員求人探し、応募書類の作成など時間を取ることが出来ますから。

20代は正社員就職するため、中途採用されるためのチャンスを多く得る事が出来ます。

ぜひ、正社員になろうとお考えになっているのであれば、時間を有効に活用して就職活動を進めていってください。

そのための方法の一つとして、フリーター向け就職サイトの活用があります。

フリーターから正社員就職を目指すなら、チャンスが多い20代のうちに

面接
フリーターから正社員就職を目指すのであれば、ぜひチャンスが多い20代のうちに決めたいものです。

とはいえ既に30歳を越えているフリーターの方もいらっしゃると思います。

30代でも利用出来る求人サイトもありますし、行政・自治体が行っている若者の就職支援サービスを利用する事も出来ます。

諦めずに就職活動を続けることが一番大切です。
(これがなかなか大変なのですが)

まだ20代の方は利用可能な就職支援サービスがたくさんありますので、ご自分にあった就職支援サービスを選ばれる事が大切となってきます。

29歳フリーターの方もいらっしゃると思います。

就職活動のタイミングによっては来月で30歳、といったような方もいらっしゃるかもしれません。

20代フリーター、第二新卒、既卒、ニート向け就職サイト

でご紹介しているような就職サイト、就職支援サービスを活用した場合、マッチングに成功すれば非常に短期間で就職が決まる可能性も十分にあります。

アルバイトが忙しくて・・・といったような言い訳はせず、日程を最優先で就職活動のために空ける事をオススメいたします。




キーワード