女性フリーター就活のポイント
20代 仕事探し 正社員就職する方法 > 就職活動の疑問 > フリーターの就職、内定を断っても良い?

フリーターの就職、内定を断っても良い?


フリーターの就職、内定を断っても大丈夫?

フリーターから正社員就職を目指して就職活動。

やっと内定獲得!できたのだけど・・・よくよく考えて、もっと違う仕事をしたいと思ったり、ネットで会社の評判を集めてみたらあまりよろしくない評価が多くて・・

内定辞退をしたい

結論から言うと、内定を辞退するのはもちろん問題ありません。

複数の企業へ応募していて、他の企業を優先したいという場合もあるかもしれませんね。

内定辞退の際に、気をつけるべき事は角が立たない辞退の仕方、伝え方をするという事です。

フリーターの就職活動でも起こりえる、内定辞退の仕方について見ていきましょう。

内定辞退は電話連絡がベスト

大切な事ほど、電話連絡がオススメです。

今は普段、メールやLINEが連絡手段のメインという方も多いと思うのですが、内定辞退のように大切な事ほど、確実に連絡出来る方法が良いです。

電話連絡で内定辞退を伝える事で、

・早く相手に伝えることが出来ます

・声は思った以上に気持ちを伝えることが出来ます
(誠意が伝わりやすいです)

・その場で謝罪することも出来ます

内定辞退を伝えると、稀にですが担当者が怒るケースもあります。
伝え方が悪かったりすると、怒りやすいのですがその場合であっても、すぐに謝罪など対応が取れます。

内定辞退といったような大切な連絡では、メールなどはデメリットの方が大きくなります。

・いつ読むか分からない

・多くの連絡に紛れて、読まれない可能性

・文字だけの連絡は、思った以上に冷たい素っ気ないものになりがち。誤解を生む可能性も高い

と言った事があります。

相手が読んだかどうか、確実では無いのは大きなリスクです。

タイミングが悪く、メールサーバーの不調で送信されていない可能性もあるんですよね。

その場合、いくら送った!といっても届いていませんから、内定辞退は受理されていません。

その状態で日が経っていたら・・・トラブルになる可能性は非常に高いです。

大切な連絡ほど「電話」というのは確実に伝える事が重要だから、と言えます。

内定辞退の際の電話連絡、気をつけたいポイント

内定辞退をするために電話連絡する際、気をつけたいポイントについてです。

時間帯に注意

相手が電話に出にくいと言われる時間帯があります。

始業直後、終業間際が共通して言われますね。
昼休みも不在な事が多いでしょう。

何度も電話したくないものですから、出来るだけ電話に出やすいと思われる時間帯を狙って連絡をしましょう。

電話に出やすい時間帯と言われるのは、14時~17時頃です。
10時~12時の間も出やすい時間帯です。

ただし、もちろん会議や打ち合わせで不在な事もあります。
不在の場合には、何時頃かけ直せば良いか、電話の相手に確認をしてかけ直すことをお勧めします。

相手よりも後に電話を切る

内定辞退に限らず、用事があって電話をした方が後から切電するようにします。

内定辞退の理由は、質問された場合に最低限を伝える

「どうして内定辞退するのですか?」

と言った事を、大抵聞かれると思います。

その際、質問された場合には最低限を答えると良いでしょう。
あまり多くを説明する必要は無いと言えます。

伝え方としては、

「最後まで迷ったのですが・・・」

といった伝え方をすると、誠意が伝わりやすいといえます。

複数の選考が進行中、内定辞退のリスク

就職活動、複数の企業の選考が同時進行という方も多いと思います。

1社の結果を待って、次へ・・・では時間が掛かりすぎますからね。

内定が出た場合、いつまでに返事が欲しいと言われる場合が多いでしょう。
次の会社の面接の結果を待つほど、時間が無い場合には内定辞退の決断をする必要があります。

その場合、当然ですが次の会社から内定が出る保証はありませんので、就職活動がさらに長引くというリスクは理解しておく必要はありますね。

ミスマッチの少ない就活で、内定辞退しない就職先探し

自力での就職活動の際、どうしても内定辞退をする事も多くなると思います。

情報収集もそこまで徹底的にはしきれませんし、複数企業の採用選考を進める事も多いためです。

内定が出てから、やっぱり違う職種を目指したい、といったケースもあるでしょう。

内定が出た後で、改めて企業研究をする人も多いですからね。
この会社に入って良いのかな?と調べ直す人は多いでしょう。

就職活動の方法として、ミスマッチを減らす事で内定辞退をしなくて済みます。

既卒・フリーター・ニート専門の就職支援サイト

を利用して就活をする場合、あなたの適性、やりたい仕事、好きな事をベースに求人探しなどを行ってくれます。

また、応募先となる企業の職場の雰囲気、上司の性格などまで教えてもらい、応募を検討する事が出来ますからミスマッチが起こりにくいです。

納得した上で応募、面接を受けることになりますし、未経験OK、フリーターOKということもあり就職成功率も高くなります。

フリーターの就職活動方法では、現実的に就職しやすい方法としてオススメです。




キーワード