就職活動の悩み
20代 仕事探し 正社員就職する方法 > 正社員就職のコツ > 就職できないフリーターの共通点

就職できないフリーターの共通点


就職が決まらないフリーターには共通点があります

就職活動を頑張っている、でもなかなか内定がもらえない。正社員になれなくて・・

といったフリーターの方には共通点が見られる事も多いです。

就職できない人、不採用が続く人の共通点を知る事で、これから自分の就職活動に活かしていくことも出来ます。

就職活動できないフリーターを抜け出して、少しでもやりたい仕事、興味のある仕事に就けるように就活をしていきましょう。

就職できないフリーターの共通点、特徴

行動力が足りない

当然ですが、就職活動は求人へ応募しなければ話が進みません。
求人をずっと見ていても、応募しなければ選考が進まないのです。

確かに、求人を見る事も大切です。

でもこの条件がちょっと・・・給料、もう少し高かったら良いのにな。
色々と思う事もあると思います。

しかし、フリーターを脱出して正社員として就職を目指す場合、とりあえず興味の持てる企業に応募してみる、といった事も大切です。

求人に掲載されている情報からは全ては分かりません。

説明会や面接で直接、詳しい話を聞いてみたらとても興味の持てる会社だった、と言った事もあります。

また中小企業の場合には、社長が来ている事も多いです。

直接は無しをしてみたら、とても従業員思いで距離が近い、やり甲斐をもって仕事を頑張れそうに思えた、といった事も多いです。

そうした情報は、求人を見ているだけでは得られません。

フリーターから正社員就職を目指すのであれば、行動する事もとても重要です。

理想を高く持ちすぎている

「この会社は、自分にあった会社では無い」

「待遇がイマイチかな・・・給料が希望よりも低い」

「仕事内容が希望と少し違う」

「会社の規模が小さい」

求人を見つけて応募するに当たっては、希望条件があるのは当たり前の事です。

しかし、フリーターから正社員になるための就職活動では、求人、会社を選びすぎていると、いつまで経っても応募できない状況が続いてしまう可能性があります。

正社員求人を探していると分かりますが、「あなたの希望全てを満たす求人」は滅多にありません。

どこかの部分で妥協は必要です。

また、あなたが求人先を選ぶのと同様に、企業側も中途採用する人材を選びます。

応募しても不採用になる可能性もありますから、応募前に求人にダメ出しをし過ぎるのは少々考え方を変える必要があります。

よくよく自己分析をしてみると、そうして求人に条件を付けすぎているのは「実は正社員になりたくない、働きたくない」「今のフリーター生活が楽」といった気持ちの表れなのかも知れません。

本当に正社員になりたい、フリーターから仕事に就きたいのであれば、まずは行動する事、求人へ応募する事も重要といえます。

数社落ちて、就活を諦めてしまう人

フリーターから正社員になるのは、正直、大変な場合も多いです。

応募しても応募しても、不採用になる可能性もあります。

次第に考え方もネガティブになってしまい、職務経歴書や志望動機もなんだかネガティブさが出てきてしまい・・・悪循環にはまりこむ可能性もあります。

ネガティブな雰囲気って伝わりやすいんですね。

いつしか就職活動、それ自体を諦めてしまい元のフリーター生活へ逆戻り。

年齢を重ねるたびに、正社員就職は難しくなっていってしまいます。

不採用になるのはその会社と縁が無かったから。
そうした気持ちの切り替えがフリーターからの就職活動には重要です。

実際、どんなにスキルがあっても社風に合わないから、と不採用になる転職事例もあります。

就職活動にあたり、しっかりとした準備は必要です。
しかし毎回その準備が報われる保証はありません。

縁が無かったので次に気持ちを切り替える。

これがフリーターからの正社員就職にはとても重要といえます。

就職活動への準備不足

なぜか、自分は本気を出せばすぐに正社員就職が決まる、と思っている方もいらっしゃいます。

そう考えている方に共通して見られるのは、準備不足です。

応募書類に関しても、企業研究をあまりせずに書いてしまって、内容がずれてしまっている。
当然、書類選考で不採用。

面接対策もあまりせずに受けに行き、質問に上手く応えられず不採用。

不採用になるのが当たり前なほど、準備不足な方も時折いるんです。

正社員とアルバイトの採用選考は、当然ですが全然違います。

正社員の採用基準はアルバイトよりも遙かに厳しいです。

就職活動の準備に自信が無い場合や、書類選考で落ち続けている場合には、第三者からのアドバイスを受けた方が良いかもしれません。

今であれば、就職エージェントの活用、就職支援サービスの活用が良いでしょう。

こうしたフリーター就職支援のプロのアドバイスを受けた方が、絶対に就職活動が上手くいく可能性が高くなります。

⇒ 就職を目指す際にオススメ、フリーター就職サイト

一人で悩み、壁にぶつかり続ける人

フリーターからの正社員就職は、悩む事も多いと思います。

壁にぶつかる事も多いでしょう。

そうした壁に対して、いつまでも一人で悩んでしまう。
誰にも相談しない。

こうしている間にも時間はどんどん過ぎていってしまいます。

フリーターからの正社員就職では、1歳でも若い方が有利です。
焦りに繋がってしまうのは避けたいですよね。

ちなみに身近な親、兄妹に相談をしてもあまり良いアドバイスは期待できない事が多いです。

話を最後までしっかり聞いてもくれない、といった不満が残るだけになるかもしれません。

それであれば、先ほどもご紹介しましたが、フリーター就職支援サービスを利用する方が、的確にあなたの状況に合わせてアドバイスをもらえる可能性が高いです。

しっかりと悩み、迷っている事についての話も聞いてくれます。
あなたの就職をサポートすること、それが仕事ですからね。

親や兄妹は、自分たちの価値観で話を進めてきます。
特に親はそうではないでしょうか・・・

あなたの考え方と合わないことが多いんですよね。
話す事でかえってストレスを抱える結果になることの方が多いでしょう。

であれば、フリーターや既卒、ニートなど就職を希望する人達を支援することを仕事としている、就職アドバイザーなどに相談する方が良い展開になります。

未経験OKの正社員求人も紹介してもらう事ができますから、効率良く情報収集もする事が出来ます。

フリーター就職支援サービスを利用することで、様々なメリットがあります。

誰かに話が出来る事で、精神的にかなり楽になります。

もちろん、就職支援サービスを利用したからといっても、どの会社、求人へ応募するか、内定獲得して入社するかどうか、決めるのは自分です。

しかし、そこに至るまでに様々なアドバイスを受けられるのは大きなメリットです。

就職成功の確率を高める事が出来るフリーター就職支援サービスは、ぜひ活用を検討してみていただきたいですね。

⇒ 就職を目指す際にオススメ、フリーター就職サイト

就職できないフリーターの共通点に当てはまっている、と思ったら

なかなか正社員就職が成功しないフリーターの共通点について、いくつかピックアップしてみてきました。

当てはまっているかも・・・といった部分は、ぜひ気をつけてみてはいかがでしょうか。

少し注意してみる事で、その後の就職活動が進みやすくなったといったケースは多いです。

フリーター向けの就職支援サービスを活用する方法もオススメです。




キーワード