面接
20代 仕事探し 正社員就職する方法 > 面接対策 > フリーターから正社員就職 面接でよく聞かれる質問

フリーターから正社員就職 面接でよく聞かれる質問


フリーターの就職活動で避けて通れない面接

なぜ、フリーターになったのですか?

なぜ、フリーター歴がこんなに長いのですか?

なぜ、うちの会社に応募したのですか?

フリーターが正社員を目指して就職活動をする上で、避けては通れないのが面接です。

新卒の就活、中途の転職でも同様ですが、フリーターの仕事探しの方が大変さはあると思います。

どうしてもネガティブなイメージを持たれてしまうことも多く、面接では人によってはかなり不利な印象をひっくり返す事も必要な事もあるでしょう。

そのためにも重要なのが、面接対策です。

ここでは、フリーターが就職活動をする際によく聞かれる質問についてみていきたいと思います。

フリーターが面接でよく聞かれる質問とは

就活でメモを取る
フリーターが面接でよく聞かれる質問の代表的なものをピックアップしています。

なぜ、フリーターをしていたのですか?

フリーターになった理由は重要です。

目標があってフリーターになったから、という答えをされる方は多いのですが、では目標に向かってやりきった結果、正社員になるという事を決めたのかどうかも知りたいと考えています。

なんとなくフリーターになって、なんとなく正社員就職したいと思った、では厳しいです。

少しでも嫌なことがあったら辞めてしまうのでは?
とフリーターは思われてしまう事が多いです。

しかし、俳優になるためにここまで頑張りきったけれど、自分の年齢や親の事を考えて決めていた期限に達したので、諦めて正社員就職する事にした、など理由を伝える事も重要です。

そうした理由が無い場合には、素直に伝えるのがベストですが、ネガティブなイメージを持たれないように、言葉を選ぶ事が大切です。

新卒時に就活をしなかった場合の理由。

新卒時に内定を得ていたのに、辞退した場合にはその理由、なども答える必要があるかもしれません。

準備をしておきましょう。

フリーター期間中に経験した仕事について

合わせて、どんな姿勢で仕事に取り組んできたか、何を学んだかと言った事も聞かれています。

あっさりとコンビニ店員を3年していました。
居酒屋でホールをしていました。

などで終わらないように、しっかり準備をしたいところです。

特にアルバイト経験が活かせる業務がある会社に応募しようという場合には、とても重要な質問となります。

話始めるとつい長くなりがちな質問です。
結論を最初に話し、出来るだけ簡潔にまとめるように意識したいですね。

バイトリーダー経験がある場合には、将来的にリーダーとしての活躍が期待出来ますし、接客業の経験者は営業職や販売などで活かせることが期待出来ます。

デバッグのバイト経験がある方は、プログラマーなどにも採用されやすい事もあります。

アルバイト経験の中から得た強みはアピール出来ます。

しっかりとアルバイト経験を棚卸して、質問への準備をしておきたいですね。

なぜ、うちの会社に応募したのですか?

志望動機です。
必ず質問されますから、しっかりと準備をしておく必要があります。

会社の実際の業務なども研究しなければ、弱い志望動機になるでしょう。

もし入社した場合には、こんな仕事がしたい、こういった人になりたい、といった目標も絡めてアピールしたい質問でもあります。

何か質問はありますか?

面接の最後に必ず質問されます。

何か質問はありますか?

何もありません、ではダメですよね。

しっかり企業について調べていれば、質問は見つける事が出来るはずです。

どれだけ応募企業について調べているかも見られています。

質問が考えられない、という段階ではまだまだ研究不足かも知れません。

実際に自分がその会社で働く事をイメージすれば、色々と知りたい事は出てくるはずです。

しっかり時間をとって準備をしたい面接での質問となります。

フリーターとの面接で採用担当者が知りたい事

面接
フリーターの応募者と面接をする時、面接官が知りたいのは、

応募者がどんな人物なのか

という事です。

履歴書や職務経歴書を応募書類として見てはいますが、それだけではどんな人物なのか分かりません。

面接通して、企業としてはどんな人物なのか、入社して一緒にやっていける人物なのか、会社に利益をもたらしてくれる人物なのか、といった事などを見極めようとしています。

フリーターの中途採用を考える場合、職歴無し、社会人経験無しの方が多いと思いますので、今後の伸びしろや人物重視での採用となるでしょう。

人柄、仕事への取り組み方、謙虚で素直かどうか、人のアドバイスはしっかり聞けるかどうか、など様々な事を面接の時間を通して知りたいと思っています。

「採用した後、一緒に働く事をイメージできるかどうか」

を重視している面接官は多いですね。

スキルや経験が足りないのは、面接官も承知しています。

であればこそ、入社してからの成長の可能性、長く働ける事などをアピールする必要があります。

こうした事をしっかりアピールする事が出来れば、内定獲得を引き寄せられる可能性が高まると言えます。

実際には面接でどんな質問がされるかは分かりませんが、できる限り軸のぶれない受け答え、面接対策をしておきましょう。




キーワード