就職について考える
20代 仕事探し 正社員就職する方法 > 20代仕事探し > フリーターで働きたくない気持ちも分かります

フリーターで働きたくない気持ちも分かります


20代 フリーター 働きたくない気持ちも分かります

今とりあえずアルバイトで食べて行けてるし、まだ25歳。
正社員就職しなくても良いかな。

まだ正社員になりたくない

という気持ちも分かります。

社畜になりたくない、とまで考えてる人は少ないとは思いますが、正社員として働く場合には仕事が中心の生活にはなりますよね。

勤める企業、業界の繁忙期などによっては、土日など休日出勤になる可能性もあります。

残業も全く無い会社、というのも少ないのではないでしょうか。

今、売り手市場だそうです。

求人サイトを見ても、たくさんの企業が人材を中途採用しています。

いつでも就職出来そう

という気持ちもあるかもしれません。

フリーターの方が気楽ですし、若い頃は最低限の生活が出来れば良いかな、と思うのも理解できます。

私も20代の頃はそうでしたしね。
自分一人なら生活費を切り詰めたら、全然余裕だし、みたいなところはありました。

フリーター生活もそれなりにアルバイトで忙しく、楽しかったんですよね。

なので、「正社員になりたくない」と言う事でフリーター生活がダラダラと続いてしまいました。

しかし、30歳を前にしてやはり意識が少しずつ変わってくるんですね。

なぜ正社員就職したくないの?正社員になりたくない理由

正社員になりたくない理由としては・・・

・自分の自由な時間が減る(休日出勤、残業など)
・連休が自由に取れない
・仕事への責任が重そう
・自由が無くなりそう

なりたくない理由、というか不安も大きいのかもしれません。

ニュースで取り上げられる残業問題なども、心理的に悪影響になっているかもしれませんね。

超絶忙しい会社に入社すると、実際毎日終電、日を超えてしまって会社に泊まり、といった可能性もあります。。

ブラック企業と呼ばれる会社に就職してしまうと、そうした可能性はグッと高くなってしまいます。

とはいえ、ずっとフリーターでいるわけにはいきません

就活を始めてみる
でも、ずっとフリーターでいるわけにはいかない、と言う事はやはり頭の片隅にあると思います。

20代、今のうちはフリーターで良いけれど、30歳を越える前にはやっぱり正社員になった方が良いのかな、といった事で考えているフリーターの人は多いのではないでしょうか。

フリーターでいるリスクは大きいです。

・時給がずっと変わらない

・老後のリスク

・年長フリーターになると、アルバイトも見つからないリスク

・クレジットカード、アパート契約など、各種審査が通らないリスク

・いつまでも経っても、職歴と呼べる経験が無い

フリーターは審査がほとんど通りません

安定収入が無いのですから、仕方無いのですが・・・事情があって引越が必要、となった場合など、次に住む場所が見つからないという可能性まであります。

20代など若い間は体調をそうそう崩すことも少ないですが、30代、40代と病気のリスク自体も高くなってきますからね。

時給で働くフリーターは、身体を壊したら収入が途絶えやすいです。
貯金もそこまで多く出来る程、収入が高くもありませんよね。

すぐに貯金も底を付いてしまう事が予想されます。

正社員でも老後の心配をしている時代です。
フリーターなら余計に老後の心配が大きいと言えます。

フリーター歴が長くなる事は、リスクが大きくなる事といっても良いのかもしれません。

フリーターから正社員就職、隠れホワイト企業を狙う

20代の間であれば、応募可能な未経験OKの正社員求人は見つけやすいです。

出来れば、正社員就職を目指すのであれば就職しやすい20代の間に就活をスタートしてください。

中小企業を探してみると、隠れホワイト企業といわれるような、

・高収入、高年収
・福利厚生が充実など、社員に手厚い
・離職率が低い
・女性が働きやすい労働環境

といった企業からの正社員求人が見つかる事もあります。

世間一般に知名度が低い、もしくはほとんど無い企業が多いですから、求人サイトで会社名だけを見ても、ホワイト企業かどうかは分からない事が多いです。

面倒でも、しっかりと企業研究をする事が大切ですね。

ちなみに、隠れホワイト企業は一般消費者向けの商品よりも、BtoB企業に多いと言われます。

そうしたBtoB企業を中心に求人情報を探す時間をとっても良いかもしれませんね。

フリーター向け就職サイトを利用して、ブラック企業を除外して探す

フリーター向け就職サイト
フリーター向け就職サイト、いまは沢山ありますね。

こうしたフリーター向け就職サイトでは、求人紹介する企業は基本的には、

離職率が低く、長く安心して働ける会社

ばかりです。

そして中小企業が多いですね。

大手企業や有名企業からの求人も一部ありますが、多くは中小企業で中途採用に力を入れている企業となります。

求人紹介した先がブラック企業だと、就職支援サービス自体の評価が下がり、影響が大きいため、極力ブラック企業を除外するために気を遣っているんですね。

ですから自力での就職活動よりも、ブラック企業をつかんでしまう可能性は低いといえます。

就職成功率が高いフリーター就職サイトを中心にご紹介しますと、

DYM就職

ハタラクティブ

ジェイック(JAIC)

などがオススメです。

20代前半など、若い間は正社員になりたくないのであれば、それをまだ優先しても良いかなとは思います。

色々なところへ旅行に行って、知見を広げるのもオススメです。

しかし、30歳を越えると、就職したくても出来ない人が増える事実もあります。




キーワード