20代の就職活動
フリーター就職できない人はどうする? > 20代仕事探し > 20代 正社員になるための就活を

20代 正社員になるための就活を


20代 正社員就職を目指す際の就活方法

20代は貴重な時期です。

若いと言う事ももちろん貴重な事ですが、仕事の経験や資産形成の事を考えても、とても大切な年代といえます。

高卒や大学卒業時に「特にやりたい仕事がないから」とフリーターになった方もいるでしょうし、就活をしたものの就職先が決まらなくて・・・という方もいると思います。

事情があって大学中退、生活のためにフリーター生活に突入した、という方も中にはいると思います。

正社員を目指して就職活動をする選択肢もあったと思いますが、フリーターを選択した理由も色々あると思います。

でも、フリーターは長く続けるべきでは無い、と言えます。

フリーター生活を長く続けてはいけない理由、そして特に20代後半の就活で重要なポイントについて、みてきたいと思います。

20代の間に正社員就職を目指すために就職活動をする事をおオススメします。

20代 早くフリーターを脱出して正社員就職した方が良い理由

フリーターを長く続けるほど、生涯賃金が少なくなる

フリーター、長くアルバイトをしてリーダーなどになっても、結局はアルバイトです。
基本的には誰にでも出来る仕事ですから、職歴として評価されません。

給料も時給です。

正社員とフリーターの生涯賃金(生涯年収)について、ご覧になったことがある人も多いと思いますが、

【フリーターの生涯賃金】 6千万円 ~ 9千万円

【正社員の生涯賃金】 2億円 ~ 3億円

と言われています。

正社員として働き始める年齢、給与・年収などにもよりますから個人差が大きいのですが、2億円以上の生涯賃金差がついてしまう事も珍しく無い、といえそうです。

ご存じの通り、フリーターはいくら長く働いたとしても、給料がそうそう上がりません。
下手をするとずっと時給ですから、仮に30歳になっても40歳になってもフリーターとして同じ時給、月収で生活する事になります。

今20代の方も想像してみていただきたいのですが、40歳で月収10万円、切ないです。。
収入を増やすには、フリーターの場合には働く時間を増やすしかありません。

ダブルワークで2つのバイト先を掛け持ちすれば、月収15万円とかいけそうですが、果たして体力的に何歳までいけるかといった限界も考えなければなりません。

フリーターを長く続ければ続けるほど、稼げるであろう生涯賃金(生涯年収)は少なくなりますし、肝心の応募可能な未経験OKの正社員求人が減ってきてしまいます。

フリーターは長く働いても職歴として評価されない

フリーターとして長く働いたとしてもアルバイトですから、基本的に職歴として評価されません

例外的にアルバイト内容、就職した後の業務内容が関連していれば、評価してもらえる事もあります。
ゲーム会社での開発補助のアルバイトなど、技術系の職種などはアルバイト経験も内容によっては評価してもらえる事もあります。

しかし、多くの企業ではフリーターとしてどんなに働いていたとしても、社会人経験とは見てくれませんし、空白時期として長ければ長いほど、ネガティブな評価を受けやすいです。

特に29歳を超えて30歳になると、中途採用における人材へのニーズが変わります。
(フリーターは中途採用を狙って、就活をする事になりますよね)

30歳を超える中途採用の場合には、やはり経験者、それも部下への指導経験などを持っていたり、営業実績など確実に自社に戦力になる人材を採用したいと考えるようになってきます。

その結果、30歳を超えてしまうとフリーターやニートの方が応募可能な、

未経験OKの正社員求人が激減する

という事になってしまいます。

そうした状況もあり、正社員になる事を目指すのであれば応募可能な未経験歓迎の求人が見つけやすい20代が良いと言えます。

フリーターから就職しやすい業界・職種においても、30代は求人が減ってきますから正社員就職をするのが難しくなってきてしまうんです。

30歳に近づくほど、応募出来る求人が減る

先ほども少し出てきましたが、年齢が上がると共にフリーターやニートが主に狙う事になる「未経験OKの正社員求人」が減ってきます。

区切りとしては、25歳、27歳、29歳と2歳区切りで減ってくると考えて良いでしょう。

大体の未経験OK求人は20代の応募まで、として掲載している事が多いですから30代フリーターには非常に厳しい就職活動になってしまいます。

就職活動は、思ったよりも長引く可能性もあります。
29歳から就活をスタートして、なかなか就職先が決まらない場合・・・就活期間中に30歳を迎えてしまう可能性もありますね。

そうなると、昨日までは応募出来る求人がまだあったのに・・・といった事も考えられます。

フリーターやニート就職は、スムーズに行く事の方が少ないと言えます。
長めに就職活動の期間を考えておくためにも、1歳でも若いうちに就職活動をスタートされることをオススメしたいと思います。

20代の間に正社員就職を目指して就活するのがオススメ

30歳を迎える前、20代のうちに正社員就職を目指す場合、フリーターや既卒、ニートの方は一人で就職活動をするのはなかなか大変です。

履歴書や職務経歴書の作成が上手くいかずに書類選考で落ちてしまう方も多いと思いますし、どうしても面接が苦手で突破できない、という人もいると思います。

一人で就活をしていると、どこをどう改善していけば良いのか分からない事も多いんですよね。

例えば、

既卒・フリーター・ニート専門の就職支援サイト

でご紹介しているようなフリーターやニートの就職支援を専門とする就職サイトを活用する事で、担当の就職アドバイザーなどから様々なサポートを受けながら就活をしていく事が出来ます。

正社員になりたい、と言う気持ちがありつつも、

「やりたい仕事が分からなくて・・・」

「自分に合っている仕事が分からなくて・・・」

といった理由から、就職活動をしないのはもったいないと思います。

フリーター向け就職支援サイトを利用される方の多くは、最初は「やりたい仕事が無い状態」から登録されて、キャリアカウンセリングなどを受けながら、適性や興味のある仕事を探しています。

就職成功の実績が多い就職支援サイトを中心にご紹介をしています。

必要なのは一歩踏み出してみること、と言えるでしょうか。

気軽に就職相談からする事も出来ますから、

既卒・フリーター・ニート専門の就職支援サイト

などを活用して、情報収集からスタートしてみてはいかがでしょうか。




キーワード